富岡市民吹奏楽団HP

楽団規約


第 1 章
総則

第1条<名称>
 本楽団を富岡市民吹奏楽団(略称富岡市吹)と称する。

第2条<事務局>
 本楽団に事務局を置く。事務局は団長が所管する。

第3条<目的>
 本楽団は、楽団員相互の協力により、吹奏楽の演奏活動を通じて、地域の音楽文化の向上に寄与する。

第4条<事業>
 本楽団は前条の目的のため次に掲げる事業を行う。
  ①定期演奏会を開催する。
  ②公共機関または私的機関からの依頼事業に参加する。
  ③その他必要と認められた事業、自主的に企画した事業を行う。

第 2 章
団 員

第5条<楽団員の資格>
 本楽団の楽団員は、次に掲げるものである。
  ①音楽の愛好家であり、本会の趣旨に賛同できるものであること。
  ②高校生以下については、保護者承認を得た者のみ許可する。

第6条<特別楽団員>
 楽団の事情により、各種行事において特別楽団員が必要な場合は、各パート、指揮者の要請により、 理事会の総意で、委嘱することができる。

第7条<団費>
 楽団員は、別に定めるところにより、団費(団員登録費・団運営費)を納入しなければならない。

第8条<休団>
 楽団員が、都合により一定期間練習に参加できなくなった場合、その旨を団長に申し出ることによ り、休団することができる。
 なお、休団期間中は基本的に団運営費を徴収しない。

第9条<楽団員資格の抹消>
 楽団員が次項のいずれかに該当した時は、その資格を失う。
  ①退団を申し出たとき
  ②除名されたとき

第10条<退団>
 楽団員は、都合により退団しなければならないときは、その旨を理事会に申し出なければならない。

第11条<除名>
 楽団員に、本楽団の信用を失墜する行為があった場合、理事会の総意により除名することができる。

第 3 章
総 会

第12条<総会>
 総会は本楽団の最高議決機関とし、役員・係員の決定、活動方針の承諾、決算の承認等を行い、全楽団員で構成する。

第13条<総会の開催>
 総会は全楽団員の3分の2以上の出席(委任状を含む)をもって、年1回開催する。
 また、理事会において必要と認めたとき、または楽団員の4分の1以上の要求があったときは、臨時に総会を開催できる。

第14条<総会における議決>
 総会において議決を伴う場合は、出席者の過半数をもって行う。

第 4 章
理事会及び係

第15条<理事会の目的>
 理事会は、本楽団の円滑な運営を図り、議事を審議し、執行する。

第16条<理事会の構成>
 本楽団に、次に掲げる役員を置き、理事会を組織する。
  ①団長(1名)本楽団を代表し、団務を総括する。
  ②副団長(若干名)団長を補佐し、団務を行う。
  ③監査(若干名)経理及び団務の執行について監査する。
  ④理事(若干名)団の運営について理事会で協議する。
  ⑤議長(1名)総会等における議事の進行を行う。
  ⑥常任指揮者(1名)定期演奏会等主要なコンサート等の指揮を行う。
 尚、理事会では必要に応じて臨時の役員を任命することがある。

第17条<理事会の開催>
 理事会は月1回を原則として月中旬の練習後行う。または理事及び役員が必要と認めたとき、適宜開催する。

第18条<理事会における議決>
 理事会における議決は全会一致を原則とする。

第19条<係の構成>
 係については別に定める。

第 5 章
会 計

第20条<会計の項目>
 本楽団の会計は、次の各項に掲げるものによって構成する。
  ①団費(団員登録費・団運営費)
  ②事業の伴う収入
  ③その他の収入

第21条<団費>
 楽団員は、団員登録費と団運営費を以下の通り納入する。
  ①楽団員
   ア、団員登録費 1年間1,000円とする。
   イ、団運営費   1年を3期(4月~7月、8月~11月、12月~3月)に分ける。
     各期1人3,000円とする。
     なお、高校生及び親子兄弟姉妹夫婦での参加の場合は各期1人2,000円とする。
  ②特別楽団員 基本的に無料とする。

第22条<会計年度>
 本楽団の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終了する。

第 6 章
改 正

第23条<規約の改正>
 本規約の改正をするときは、理事会の審議を経て総会で出席者の3分の2以上の賛成を得たときに、これを改正する。

附 則
月 1日より施行する。       平成17年2月13日一部改正する。
      平成18年2月18日一部改正する。
      平成19年2月17日一部改正する。
      平成22年2月 7日一部改正する。