富岡市民吹奏楽団HP

楽団の紹介

<富岡市民吹奏楽団とは?>

私たち富岡市民吹奏楽団(富岡市吹)は、群馬県富岡市を拠点に活動している吹奏楽団です。

1979年、地元の有志によって設立され、現在に至っています。


主な活動は、年1回の定期演奏会、かぶら吹奏楽連盟主催の演奏会への参加、学校や各種団体からの依頼による演奏、楽団メンバー有志によるボランティア演奏などです。


高校生から60代まで幅広い年齢層の団員が在籍し、みんなで吹奏楽の演奏を楽しんでいます。

富岡市吹は、音楽を通じた出会いと心のふれあいを大切にして活動していきたいと思います。



<イメージキャラクター>


(作/キウチ ノブオ)

富岡市吹のイメージキャラクターのかたつむりです。

1、のんびり、あせらず、少しずつ、技術の向上を目指そう

2、演奏中にミスをしたら、あわてずに自分のカラに閉じこもろう


という2つの意味が込められており、私たちの実態を表現しています。



<富岡市民吹奏楽団の歌>

設立当時、顧問をお願いした肥留川伸昌先生が、活動に感動して勝手に作ってくれました。曲はついていません。


1、上州名物 空っ風  西の果(はた)ての まほろばの

    サタデーナイトフィーバーは  風神様の お祭りか


2、いやいやこれは 市吹連  風神様の 落し子と

    雷神様の 落し子が  「吹く」や「叩く」の リハーサル


3、上州富岡 音の里  市吹の挙げる 怪音は

    千里四方に 轟いて  空の雲間に こだまする


4、市吹の男(お)の子 女(め)の子らが  楽器に託す 言の葉は

    天に座(ましま)す 神々に  届けと響く 鎮魂歌


copyright © 2004-2015 TOMIOKA CITY WIND ENSEMBLE All rights reserved.